施設管理台帳

 

道路台帳作成

 道路台帳とは、国道・県道・市町村道等、各道路管理者が作成する調書・図面です。
 道路の寄付や払い下げに伴い道路の区域や道路形態が変更になった場合には道路台帳図面の補正を行う必要があります。
 弊社では、各路線の新設・改良・廃止等に伴う道路台帳の更新業務を行っています。
 

河川台帳

 河川台帳は河川管理の基礎となる台帳です。自然の存在である河川には多くの制約があり未だ完備されていないのが現状です。弊社では河川管理者が河川の維持・管理に必要となる情報をとりまとめ、住民に対する迅速な対応がとれるようサポートいたします。
 

下水道台帳

 公共下水道台帳は管路の維持管理を実施していく上で、その施設状況を常に把握しておくことが必要不可欠です。弊社では竣工された下水道施設を常に最新の状況で把握できるように台帳の更新作業を行っています。
 
        

上水道台帳

 上水道台帳により配水管・給水管・弁栓・メータ等の水道施設情報や付帯する工事・漏水履歴などの関連情報を管理しています。弊社では、竣工された上水道施設を常に最新の状況で把握できるように台帳の更新作業を行っています。
   
        

GISデータ処理

 GIS(地理情報システム)とは、さまざまな地理的データ(空間データ)の入力、格納、検索、分析、および出力を行う情報システムです。
 さまざまなGISデータを使用し、データ同士の相関関係を解析したり、モデル化やシミュレーションなどを行うことを空間解析処理といいます。弊社ではお客様のニーズに合わせた集計、解析を行っています。

    ● 路面性状データ処理
   路面性状測定車による舗装のひびわれ、わだち掘れ、平坦性を測定したデータを用いて、それぞれの評価と舗装の維持管理指数(MCI)あるいは供用性指数(PSI)による総合的な評価を行います。
        

アナログトレース

 図面制作の主流がトレースといわれた時代からCADになり、手法がまったく異なってきている現在ですが、まだまだアナログ図面(いわゆる手書きの図面)が主流となっている官公庁等の図面は存在しています。そんなアナログ図面を新規に作成したり更新する際にはアナログトレースが必要となります。弊社では長年の実績と熟練した技術を用いたアナログトレースが可能です。
 
        
   

▲ページトップに戻る