空撮・UAV

 弊社では、UAV(ドローン)を使用し、お客様のあらゆるニーズに合わせて空撮映像の「企画・撮影・編集」を行っております。UAVは現地での離発着が可能であるため、アトラクティブな映像撮影ができ、手軽でコストパフォーマンスに優れた空撮映像をご提供することができます。  

     

 ・ 建設、測量、災害時の早急な現場確認のための動画撮影
 ・ 道路、橋梁点検・ひび割れ状況点検など高所作業車の必要な現場の静止画撮影
 ・ 開発申請、現場紹介などに
 ・ ソーラー設置記念にも上空からの静止画像撮影、またメンテンナスのための定期的な撮影
 ・ お家の新築記念に、上空からの動画・静止画撮影、着工前から完成までの経過撮影
 ・ 各種イベントの上空からの全景写真などに
     

ドローンによる近接目視の支援

 現在、ドローンによるインフラ点検は実証実験の段階へと進んでいます。
 橋梁に近づくことが難しく近接目視点検ができない橋梁においてもドローンにより静止画を撮影することが可能になりました。これによりロープアクセス点検や足場設置による点検の規模を縮小でき、点検作業の効率化・省力化が図れます。
     

ドローン・レーザー測量による3次元データの提供

 近年、「i-Construction」に対応したUAV(ドローン)測量は、既存の測量方法であるトータルステーション・航空機測量に比べ、短時間でかつ安価に行えるケースがあり、精度も大幅に向上し、手動式に加え自動航行プログラムにて自立飛行を行うことにより、地形データを取得することができます。
 弊社では、高低差のある複雑な地形や自然斜面及び樹木伐採前の地形測量では、写真測量とレーザー測量を併用して行います。

 機内に内蔵されたGNSSとジャイロセンサーにより位置情報を取得しながら地表面に向けレーザーを照射することで距離を測定します。UAVから照射されるレーザーは樹木の隙間を通りぬけるため地表面まで到達します。
 取得した地形データは点群データとして編集作成し、「調査及び設計業務」において3次元CADやGISソフト上で使用可能な基盤データとして提供致します。

       

       



▲ページトップに戻る